• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大海戦用?のメモ

ロコさんの所に、大海戦用のメモって話題があったので
自分用に作ってみた

いずれ戻るぞ!戻るためのメモだー!

精鋭といわれる連戦を繰り返す人用のメモじゃないですw
参考になればどうぞ

間違いや突込みあったらお願いしまっす
そのつど訂正します

長いので続きへ~ **********準備編**********
※船

 ●小型、中型、大型の3種の船を用意
  人気のある船
  小型:ガンボート
  中型:コルヴェット、大型フリゲート、重フリゲート
  大型:戦列艦、装甲戦列艦、ロイアルフリゲート、ラ・ロワイアル、重キャラック etc

 ●船の増減
 -18%がベスト
 (ふとっちょ船は出だしが遅いのと、旋回力が落ちているので
  旋回時の失速度合が大きいため、スリム船より不利です)

 ●特殊スキル
  各船の特殊スキルは付けておきましょう
  ガンボートの直撃阻止や大型フリゲートの修理支援などつけておくと少し幸せになれます

 ●オプションスキル
  これも出来ればつけておきましょう
  好みですが、よく見かけるものは
  提督する人は
   耐砲撃装甲
   排水ポンプ
  それ以外の人は
   司令塔
   強化舵
   修理支援
   重量砲撃
  かな

※船に積むもの

 ●交易品
  ビール、木材、砲弾を少々(5~10セットかな)
  戦闘終了後に水、資材、弾が厳しい場合は物資へ即変える

 ●交易品以外の割合
  水:40%
  資材:50%
  食糧:0
  弾:10%(20~30ぐらい)
  (機雷を多様する人は弾を多めにどうぞ)

※船の改造

 船員数:最大
 砲門数:砲が詰めれる数

※船と人の装備

 ●大砲(側面)
  カロネード14門、キャノン14門、ハイペリエ14門
  巧匠か名匠をそろえましょう
  小型はハイペリエ、中型と大型はカロネまたはキャノンといった感じに使い分けもよいと思う

 ●大砲(船首、船尾)
  エンジェルがベスト、なければカロネとかでもいい

 ●追加装甲
  剥削鉄板or軽量鉄板

 ●帆
  改良ゲルンステイスル

  ※装甲、帆共に速さを重視するのがよいかな
   非戦闘時の移動でも、戦闘中で逃げるにしても
   追いつこうとするにしても、早さは大事

 ●追加兵装
  大型船尾楼、大スパンカー、コーヴァスなど好みでどうぞ
  白兵力に自信がない人は自分を守る意味で大型船尾楼がいいと思う
 
  大型船の場合、現在は装甲戦列が主流となっています。
  装甲戦列にだけつくオプションスキル:斬り込み防止網があります
  これは白兵時の防御力を上げ、通常撤退の成功率をあげる効果をもちます。

  コーヴァスの効果として接舷効果と撤退成功率を下げる効果があります。
  このコーヴァスの効果を利用して、通常撤退をさせ辛くする
  大型船尾楼+大型コーヴァスといった組み合わせをするひとが多いようです。

 ●船首像
  ファフニール、ガルーダ

 ●人の装備
  黒海付近が海戦の場となった場合、ターバンなどの変装装備を忘れずに
  戦闘時は防御の高いものがやはり自分を守る意味で用意するとよいと思う

※用意しておくアイテム

 名工の大工道具
 予備帆
 予備舵
 撤収の鐘
 破壊の大錐
 手桶
 盟約の美酒
 酔い覚まし
 真綿の耳栓
 料理(艦隊回復できるマグロがベスト)

 以下スキルがない人用
 消火砂
 救命具

※カスタムメニュー

 F8以外の配置は好みかな
 F8は押しっぱなしで修理が連続で行えるので、必ずF8に修理を配置
 戦闘中はF8~Enter付近に左手を添える感じになります。
 Enterが親指かな
 人差し指か中指をF8に配置
 F8でカスタムメニューを開いたらF5~F7は他の指ですぐに押せるので
 修理以外に重要な外科や統率を配置するといいと思う

 F1:予備帆
 F2:予備舵
 F3:消火⇔名工の大工道具(移動中は名工、戦闘時に消火と切り替える)
 F4:手桶 or 排水ポンプ
 F5:料理
 F6:統率
 F7:外科
 F8:修理

※副官

 2連弾防御か通常弾防御と回避、操舵のある副官
 兵長はエルナン
 見張りはランスロットやイゴールといった感じ

 まあこれはいればでよいです。
 あったほうが少し幸せになれます。


**********大海戦開始前**********

※艦隊を組む

 大海戦はソロでは参加できないため、艦隊を組もう

※ペア艦隊

 大海戦中は援軍スキルがなくとも、味方艦隊に援軍として入ることが可能です。
 今の主流は必ず援軍を入る状態(5人PT×2の10人体制)を作り、敵艦隊を探しみな闘っています。

 ペア艦隊を組んだ場合、仕掛け側と援軍側を決めておきます。
 移動中は仕掛け側の少し後ろを援軍側が追いかけるといった形にし
 仕掛けた時、仕掛けられた時に援軍側がすぐに援軍として入れる形を取っておくわけです

 ペア艦隊はお互いが見失わないように、声を掛け合って移動します。
 白チャで「11111111111」や「22222222222」といった感じに
 掛け声は事前に決めておきましょう。やってはいけないことは
 掛け声に提督の名前を使うのはダメです。
 仕掛けた時に敵の援軍側が誰をかぶせればよいのか教えてしまっているからです。

 連絡用チャットの参加
 NPCの湧き状況や激戦区の場所などを自軍へ連絡するために
 それ用のチャットが作られていると思うので
 提督以外の人がそれに参加しましょう


**********大海戦中**********

※移動時の心得

 ●スキル
  運用、見張り、測量
  見張りは敵船の確認時に重要となります。
  提督だけでなく艦隊みんなで敵船を探すんだー

 ●掛声
  ペア艦隊に位置を教えるために、
  提督以外があらかじめ決めておいた掛け声を出し合いましょう
  提督以外っていうのが大事です。

 ●とにかくチャット
  和気あいあいと、チャットを絶やさず
  どちらに行こうかとか、思っていても伝わりません。
  特に提督は掛声以外の言葉を皆に掛ける

 ●補給
  水や資材が少なくなり補給のため街へ戻ると思いますが
  できるだけ支援してくれている人を利用し
  街へ行って戻る時間のロスを減らしましょう

※戦闘時の心得

 ●位置の把握
  自分は戦闘区域内のどこにいるのか?をまず把握します。
  次に味方の旗の位置と敵の旗の位置を把握します。
  そして自分の艦隊はどちらに向っているのかを把握します。

  行きなり敵に突っ込んだり、味方たちと違う方向へ進む事をせず
  密集して移動するようにしましょう。
  孤立してしまうと、囲まれすぐに沈められてしまいます。

  視野を広く持ち、全船の位置を把握した戦いがベストです

  旨いと言われる人の動画を見てると右クリックでひたすら周りを見てます。
  そして自分に気づいていないひとを見つけ
  そーっと近づき、ドカンドカンとクリティカルをGETし沈めて行く人がいます。
  その人曰く「クリティカルは取るものじゃなく、拾うもの」だそうです。
  でもこれはスゴクなれた人だから出来るものです。
  カロネで貫通・水平・弾道の砲撃ならクリティカルで1000を出せるか?の
  ギリギリの位置から撃ってます。

  それをまねするコトは到底出来ませんが
  視野を広く持ち誰が狙っているのか、誰が狙い安いのかを把握するのがよいと思う

 ●スキル
  色々、ほんとに色々
  何を発動したらいいのかわからなくなったら、回避、水平、弾道

  スキルの解除方法
  戦闘直後、運用などのスキルは発動したままなので、邪魔になります。
  発動中のスキルをマウスで選んで、確認メッセージが出ますが
  このときすぐにEnterを押す。
  すぐにメッセージが消えスキルが解除されるよ
  スキル切り替え時もこれを使うと素早く切り替えることができる。
  
  スキルは点滅する前に発動しなおそうね。
  戦闘中は移動をしている間が必ず存在するので。
  この間に発動中のスキルをすべて解除し、発動しなおしておく。
  白兵を仕掛けられたり、激しい戦闘中に発動中のスキルが時間切れで
  解除されてしまうのを避けるためです。

 ●仕掛け側の艦隊
  戦闘に入ったら、ほにゃらら 支援 相手提督 ほにゃらら と白チャで声を掛け
  ペア艦隊へ自分の位置を知らせます。
  2番手、3番手の人は提督を守りましょう
  4番手、5番手の人は状況によりますが有利とあらば敵提督にプレッシャーをかけるのがいいかと
  基本的に仕掛け側の艦隊は提督を守ることが最重要です。

 ●援軍側の艦隊
  常に味方艦隊の誰かをクリックして選択状態にし
  戦闘が始まったらEnterを2回押して即援軍に入れる状態にします。
  戦闘が始まってから味方を探す作業と、マウスで交戦のボタンを押すタイムロスをなくすためです。
  自軍の艦隊が戦闘区域内に多く余裕のある場合は
  相手提督へかぶせるように援軍に入ります。
  混戦状況でそんな状態じゃねー!って場合は戦闘がおこなわれたら即入りましょう
  援軍側はとにかく相手提督を沈めることも重要ですが、分断されないようにすることが重要です。

 ●F8常に押しっぱなし
  慣れていない人はとにかく、戦闘中F8をずーっと押しっぱなしにしてください
  ほんと、おねがいします。押してください。
  そこの押さないあなた!おねがい…押して…アメあげるから…

 ●戦闘中の掛声
  修理してほしい時「ssssss」
  外科してほしい時「gggggg」
  統率してほしい時「ttttttt」
   このチャットが見えたら即スキルを発動!

  フォローして欲しいときの掛け声として
  「ffffff」ってのもあるそうです。
  提督が白兵時に船尾ポジションをとられたので阻止して欲しい時とかに使うそうです。
  少々上級な掛け声です。
  fffffをみてどのような状況で発言者の意図を読み取る必要があるでしょう

  もうひとつ
  敵提督が自分の近くにいて、位置を教えるために
  「提督ここ」と発言するとよいです
  周りの味方が提督の位置を把握しやすくなります。

  さらにもうひとつ
  沈んでしまっても、掛け声をします。
  味方の状況を確認し、提督が囲まれそうなら「味方提督へのフォロー」と言ったり
  白兵で危ない状況の味方がいたら「ggggggg」と発言します。
 
 ●攻め
  クリティカルを狙いすぎないように気をつけましょう。
  側面でも撃ち合いすることで相手が揺れ少し失速します。
  帆も破れるので失速します。
  失速させることで相手に追いつき白兵へ持って行き、動きを止めるわけです。
  単純に相手船尾側に旋回してクリティカルを狙ってズドン!とやっても相手も避けるのでほぼ当たりません。
  白兵抜けで沈めるよう立ち回りましょう
  
  白兵抜けで船尾を狙う人がいますが、戦闘区域ぎりぎりの場合
  船首を狙いましょう
  船首のクリティカルは確率によって不成立もあるため船尾と違い決定力に欠けるように思えますが
  船首を抑えないと、逃げられてしまう可能性のほうが高いです。
  逃がさないこと、これが大事です。
  
  白兵抜けのとき、船尾を確保している人以外の人もタイミングを合わせ撃ち込みましょう
  操舵残しなどでクリティカルを避けられることがあるためコンボによる圧死を狙うといいです

  /*白兵時の掛声*/
  
  白兵には先行と後攻があります。
  剣のマークが先行、盾のマークが後攻
  これを撤収の鐘によって撤退した場合は
  先行側が撤退するときと、後攻が撤退するときではタイミングが若干違います。
  先行側の撤退が成功した場合白兵行為が行われる前に撤退します。
  後攻側の撤退が成功した場合白兵行為が行われた後に撤退します。
  白兵によって船員が減る前か減った後に白兵が終わるかの違いです。
  通常撤退の場合は、剣、盾関係なしに、必ず先行側の撤退と同じタイミングとなります。

  このタイミングにより、白兵抜け打ち込むタイミングが変わります。
  先行側の撤退が成功した場合は白兵開始から8秒後に白兵状態の解除が行われ
  後攻側の撤退が成功した場合船員が緑文字によって減ったことをマイナス表示しますが
  それが出たタイミングで白兵状態の解除が行われます。

  このとき味方へ白兵抜けの打ち込みをしやすいように
  白兵の状況を伝えます。
  (撤退する場合)
   「さき」自分の撤退が成功したら、先行側の撤退タイミングで白兵が終了する
   「あと」自分の撤退が成功したら、後攻側の撤退タイミングで白兵が終了する
  (撤退せず、錐などで穴をあけている場合)
   「さきあな」・・・相手が撤退成功したなら先、自分は穴をあけます
   「あとあな」・・・相手が撤退成功したなら後、自分は穴をあけます
   「さきいじ」・・・相手が撤退成功したなら先、このまま白兵を続けます
   「あといじ」・・・相手が撤退成功したなら後、このまま白兵を続けます
   いじ というのは、味方がまだクリティカル位置にいないので維持しますって意味と
   提督がクリティカル位置を取られたため、白兵抜けを避けたいので維持しますって意味です。

 ●守り
  提督を守りましょう!守ってー!
  退路の確保
   提督の進行を妨げないよう、帆をたたんだり進む方向をずらすなどして
   提督へぶつからないよう、提督以外が気をつけましょう
  白兵抜けを守る
   白兵抜けは相手も行ってきます。
   提督が白兵状態になってしまったとき、相手側がクリティカル位置を確保しようとしたら
   そいつへ白兵を仕掛け邪魔をしましょう
  不利と思ったら
   相手に囲まれる前に、相手へ白兵を仕掛け動きを止めます。
  
  提督は何があろうと沈まないように立ち回ります。
  危ないと思ったら逃げる!もっかい戦えばいいのだ
  よく沈む提督には優しく「へたくそが^w^」って言っていい人と
  言っちゃダメな人がいるので気をつけてね
  鈴虫には言っちゃだめよ、絶対だめだからな!(ダチョウ倶楽部風)


戦闘後の心得

 修理スキルを使わず名工を使い船の回復と耐久を戻しましょう
 資材がもったいなーい

 拿捕されたなどで船員がいなくなってしまった場合は
 その場で復活しても即やられてしまいます。
 艦隊を解散し、最寄りの町に戻り艦隊を組みなおします。

**********大海戦終了後**********

 船の耐久を最大に戻しておきましょう
 あとは、アホ死を3秒悔み、忘れましょうw

スポンサーサイト

コメント

さすが鈴虫くん。
これだけ知識があれば、大海戦も一安心だね!
後は実技演習をして経験を積めばわしらの艦隊もきっと強くなるっ!!

って、とりあえず戻ってこいよw
まだ戻れんwいずれ戻る!w

すごい参考になる!!φ(`д´)カキカキ

あ、ちょこっとだけw
「帆」はゲルン帆が主流になってまつ
艦隊で大体同じの付けてないと、一人だけ置いてかれることがあるので;;

あと「掛け声」
「ffffffff」てのもあります
これはフォローしてねってこと
白兵やってお尻につかれた時は「自分にフォロー」って時もあるし。
だいたいは「提督守って~」って場合が多いです^^

鈴さん、まだ~?www
お久しぶりです^^2月の末に、ほぼ5ヶ月ぶりに復帰しました。
カムバックキャンペーンに釣られたんですけどね(;・∀・)

メモ、大海戦で支援バザーする商人にもとても参考になります!
というか今、海事修行真っ最中なのです。
戻れたら遊んでくださいね~。
ちゃちゃさん>
指摘ありりー、早速なおした
それより、ちゃちゃさんのようなノー○ンにはそれほど役立たない内容なきがするw

まだ~?ということですが・・・
まだまだーですw

クラリスさん>
いいなぁ、こちらも戻りたいですよ~w
海事修行中ってことは、いずれ支援船じゃなく軍船で出航ってことですね!
修行ガンバーw
あまりに文字が多すぎて要件定義書読んでる気になったのは
俺だけじゃないはず・・・・w

しかしよくここまでまとめたなぁと
対人初心者が見るにはすげー良い内容だと思いまする

大型のみだけど、今は大型船尾桜+大型コーヴァスの人増えてますねー
理由は装甲戦列乗りが多くなったって所じゃないでしょか


んで復帰はまだでしょうかw
バルさん>
要件定義書w
自分で書いてて、細かすぎて誰も読まないじゃ…って思いながら書いてたけどやっぱり細かすぎたねw

指摘ありり~
コーヴァスのこと、修正しときます

復帰したい!けどまだまだ~w
大海戦装備って言葉はもう時代遅れですか。
目一杯の本気装備で揃えてくるバルさんみたいな人たちは
大砲と装甲は中枢都市で上位が出てるのでそっちが多いかも?
あと船尾は大型ではなくて重装ですね。
巧匠があったね、追記したよ
装甲戦列とコーヴァスの関係を書きたかったので
船尾については大型でも重装でもいいと思って
大型で書きました。

あれば重装船尾楼+大型コーヴァスのほうがいいね

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

鈴虫だよ

Author:鈴虫だよ
/*---大航海時代Onlien ---*/
 鯖:Zephyros
 国籍:オスマン
 所属商会:リスボン「Oz」

 16門実装までは、陸戦がんばり予定

/*---EVE Onlien ---*/
 カルダリ
 休止中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
虫かうんたー

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
虫バナー

虫バナー

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
著作権に関して

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。  このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。